ローション,201,原材料,美容・コスメ・香水 , スキンケア , 化粧水・ローション,細胞活性をするエッセンシャルオイルと融合,/mohr1611589.html,ローズオットー,フラワー水,ヴェルトゥー,香料,ハイドロラット,ブルガリア,3618円,完全無添加,miraco.jp,100%,化学合成物質,防腐剤,有機原材料,オーガニック,Vertueux,ローズオットー 3618円 細胞活性をするエッセンシャルオイルと融合 ヴェルトゥー Vertueux 201 ローズオットー ハイドロラット オーガニック ブルガリア ローズオットー 原材料 フラワー水 ローション 100% 有機原材料 香料 防腐剤 化学合成物質 完全無添加 美容・コスメ・香水 スキンケア 化粧水・ローション ローション,201,原材料,美容・コスメ・香水 , スキンケア , 化粧水・ローション,細胞活性をするエッセンシャルオイルと融合,/mohr1611589.html,ローズオットー,フラワー水,ヴェルトゥー,香料,ハイドロラット,ブルガリア,3618円,完全無添加,miraco.jp,100%,化学合成物質,防腐剤,有機原材料,オーガニック,Vertueux,ローズオットー 細胞活性をするエッセンシャルオイルと融合 ヴェルトゥー Vertueux 201 ローズオットー ハイドロラット オーガニック ブルガリア 原材料 防腐剤 化学合成物質 ローション 香料 100% 有機原材料 永遠の定番モデル フラワー水 完全無添加 細胞活性をするエッセンシャルオイルと融合 ヴェルトゥー Vertueux 201 ローズオットー ハイドロラット オーガニック ブルガリア 原材料 防腐剤 化学合成物質 ローション 香料 100% 有機原材料 永遠の定番モデル フラワー水 完全無添加 3618円 細胞活性をするエッセンシャルオイルと融合 ヴェルトゥー Vertueux 201 ローズオットー ハイドロラット オーガニック ブルガリア ローズオットー 原材料 フラワー水 ローション 100% 有機原材料 香料 防腐剤 化学合成物質 完全無添加 美容・コスメ・香水 スキンケア 化粧水・ローション

細胞活性をするエッセンシャルオイルと融合 ヴェルトゥー Vertueux 201 ローズオットー ハイドロラット 上品 オーガニック ブルガリア 原材料 防腐剤 化学合成物質 ローション 香料 100% 有機原材料 永遠の定番モデル フラワー水 完全無添加

細胞活性をするエッセンシャルオイルと融合 ヴェルトゥー Vertueux 201 ローズオットー ハイドロラット オーガニック ブルガリア ローズオットー 原材料 フラワー水 ローション 100% 有機原材料 香料 防腐剤 化学合成物質 完全無添加

3618円

細胞活性をするエッセンシャルオイルと融合 ヴェルトゥー Vertueux 201 ローズオットー ハイドロラット オーガニック ブルガリア ローズオットー 原材料 フラワー水 ローション 100% 有機原材料 香料 防腐剤 化学合成物質 完全無添加




伝統的に最上級とされているブルガリアのバラ‐ローズオットーを主成分としたバラのエッセンスのローション。防腐剤、酢酸トコフェロールなど添加していない100%有機原材料のローションです。ローズは神聖で無条件の愛のシンボルであり、心情を深め、スピリッツを引き立てる働きをします。細胞の再生力にすぐれお肌の細胞再生と活性化を促し、張りを蘇らせます。またお肌だけではなく心とからだに癒しを与え、活力を呼び戻す波動をもったローションです。疲れた時、胸の周辺にかけますと心に元気が戻ります。どのタイプのお肌の方にも合うような働きをもっています。上質なバラのエッセンスによりできており、化学合成物質、保存料は一切配合していないローションです。

細胞活性をするエッセンシャルオイルと融合 ヴェルトゥー Vertueux 201 ローズオットー ハイドロラット オーガニック ブルガリア ローズオットー 原材料 フラワー水 ローション 100% 有機原材料 香料 防腐剤 化学合成物質 完全無添加


HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】アンチセンス治療薬で提携‐最大248億円の支払い

2018年02月23日 (金)

 武田薬品と米バイオベンチャー「ウェーブ・ライフ・サイエンシズ」のシンガポール法人は、ハンチントン病(HD)や筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経系疾患に対する複数のアンチセンスヌクレオチド医薬品でオプション契約を締結した。パイプラインを強化したい武田は、最大2億3000万ドル(約248億円)をウェーブに支払うとしている。HDを対象に第Ib/IIa相試験を実施中の変異ハンチントン遺伝子を標的とした「WVE-120101」「WVE-120102」など、複数の化合物で臨床での作用発現を確認した上で、共同開発・販売の権利を得るオプション権を行使できる。

 同契約は、条件ごとに二つの取り組みに分かれている。一つ目の取り組みとして、HD治療薬として開発中の「WVE-120101」「WVE-120102」の2剤に加え、12月までに臨床試験を開始予定のC9ORF72遺伝子を標的としたALS・前頭側頭型認知症(FTD)治療薬「WVE-3972-01」、ATXN3遺伝子を標的とした脊髄小脳失調症3型(SCA3)治療薬で、臨床での作用発現を確認した上で、共同開発・販売の権利を得るオプション権を獲得する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報